イキイキと働ける職場
地域の人を喜ばせる

マネージャー

松岡 義文

YOSHIFUMI MATSUOKA

2016年新卒入社

入社のきっかけ、志望動機

 元々食べることが好きで、漠然と「食品業界」で働きたいと思っていました。そんな中で当社に出会い「惣菜であること」と「人を大事にする会社であること」の2点に魅力に感じました。
 前者は、今後も中食事業は伸びていくと言われており、多様な可能性を通じて、様々な地域の人を喜ばせることが出来ると思ったからです。それが大きなやりがいに繋がると感じました。後者は、政照社長の「『お店はお客様のためにある』が『会社は従業員のためにある』。だからこそ会社は、まず従業員に自分たちの働く場所を好きでいてもらえるよう努めなければならない。その結果が商品を買うお客様の満足度につながる。」という言葉に共感したからです。従業員がイキイキと働ける職場こそ、理想の会社だと思いました。

元々の業界や仕事のイメージに比べて、実際に働いてみての違い

 想像以上に忙しかったです。限られた時間内で大量のお惣菜を作らなければならないので、一つひとつの動作や作業にまで洗練された効率性が必要となります。厨房内の動線や備品の配置、食材を仕込む順番などが綿密に考えられていることを知り、私も勉強しなくてはと向上心が湧きました。今は商品が売れ、忙しくなることが楽しくて仕方がありません!
 また、社員同士のアットホームさや上司との関係の良さは、良い意味でギャップがありました。上司と冗談を言い合い、笑わせていただくことも多くあります。

仕事環境、職場の雰囲気について

 当社の店舗はほとんどがパートさんで成り立っています。私の店舗には平均して50代~60代の女性のパートさんがメインで、土日に学生のアルバイトさんが在籍しています。テキパキと作業しながら、冗談を言い合える明るい環境だと感じています。プライベートで食事会を開くこともあるくらいです。
 とはいえ、時には注意することもあります。その必要がなくなるように日々コミュニケーションをとったり、メリハリをつけられるよう作業時と作業終了時とで接し方を変えたりして工夫を行い、モチベーションを高めてもらえるように努めています。

入社後、困ったことや苦労したこと

 人とのコミュニケーションが得意ではなかったので、信頼関係の構築には悩むことが多かったです。入社当時、緊張していたこともあり、淡々と作業のみに没頭していました。私一人で作業をしてしまおうという気持ちでした。恥ずかしい限りですが、それが間違いだと気づくのに1年かかりました(笑)。
 仕事はみんなで協力しないとうまくいきません。素直さをもって、作業も人一倍頑張りつつ、少しずつコミュニケーションをとるよう努めました。そんな私の気持ちがパートさんに伝わったのか、ある日私が困っていると「協力するよ」と声を掛けてくださり、感激したのを覚えています。

休日や仕事終わりの過ごし方

 趣味や妻との時間にあてています。平日は17時には帰ることがほとんどなので、夕食をつくったり、テレビゲームをしたりと好きなことに没頭しリラックスして過ごしています。休日は妻とごはんを食べに行ったり、ショッピングをしたり、映画をみたり、友人とバトミントンをしたりして体を動かすことが多いです。

ページトップへ
©musundehiraite All Rights Reserved.